下村畜産の黒毛和牛『下村牛』。繁殖から肥育まで自社牧場での一貫生産で『安心・おいしい』を提供いたします。

肥育

下村畜産のこだわりがつくる黒毛和牛。
肥育『五つのこだわり』

下村畜産の『取り組み』

ストレスのない環境づくり

牛同士の相性・性格などを考慮しながらストレスがない部屋づくりを行います。

  • 性格の大人しい牛は、パドックに1頭ずつ管理を行い、社交的な牛は広いパドック(部屋)で2頭から4頭で飼育を行っていきます。
  • 牛舎内の空気がこもらないよう、直下型大型扇風機を1部屋に1台設置しています。また、空気を外部に放出するため横向きにも設置しています。
  • 敷料の交換頻度も高めにし、牛が常に気持ちよく眠れる状態を保っています。汚れ、臭気には特に注意し、適切に管理しています。
 
ストレスのない牛舎環境
ストレスのない牛舎環境
ネイル

牛にネイル???と思われた方もいるかもしれません。牛も動物である限り、爪も伸びます。それを放置すると、伸びた爪が変形し体重をうまく支えれなったり、偶蹄なので爪同士があたったりして結果的に蹄の病気や負担、ストレスになり、最悪な場合放置すると歩けなくなります。
そこで、下村畜産では1年に1回、ネイルケアをお願いしています!

 
ネイル
ビール

下村畜産では生後20ヶ月(ハタチ)を過ぎたころから、牛にビールを飲ませています。人間はビールを飲むと酔いが回って食欲が増しますが、牛の場合は人間の10倍大きいのでちょっとやそっとの量で酔っ払いません。重要なのはビールを飲ませることで、ビールに含まれる酵母の働きにより胃の環境が改善され、食欲が増すことが期待できます。
また、アルコールは胃の中の微生物によって分解されて牛の栄養になるのです。それらの栄養には霜降りのもととなる成分が含まれているので、これが下村畜産の美しい霜降りの秘訣です!

 
ビールを飲みます
バカス(さとうきび)

下村畜産では餌にバカス(さとうきび)を与え、牛本来のルーメンの働きや成長を助け、生きている段階から肉に味付け、甘みを増します。

 
バカス(さとうきび)
ヘアーサロン

牛も人と同様、身だしなみスッキリでストレス発散!下村畜産では牛のストレスを発散し、皮下脂肪を滑らかにするため、シャンプー・ブラッシングマッサージを定期的に行っています。

 
ブラッシングマッサージ
Page top